LOST IN BLUE


大掛かりそうに見えて具体的な解決策は10秒で終わります.

Rustで競技プログラミングの入力をスッキリ記述するマクロ - Qiita

## モチベーション Rustで標準入力から望みのデータを入力するのは意外と面倒で、標準ライブラリにあるものを使って素直に書こうとすると、結構コード量がかさみます。例えば、文字列を一行読み込むのに、 ```rust let s =...

qiita.com

のマクロでmutで宣言したいねというお話です. シャドーイングとかもあるけどはじめから宣言しちゃいたいよね.

上記事のマクロでは

// 18行辺りを抜粋
($iter:expr, $var:ident : $t:tt $($r:tt)*) => {
        let $var = read_value!($iter, $t); // ここでimmutableな変数として宣言されている
        input_inner!{$iter $($r)*}
    };

のようにimmutableな変数に読み込まれてしまうので,

    input!{
        n: usize,
        mut a: [usize; n],
    }

このようにmutキーワードがあるときはmutableにしてくれると嬉しいのでそのようにしてもらうようにします.

macro_rules! input_inner {
    ($iter:expr) => {};
    ($iter:expr, ) => {};

    ($iter:expr, $var:ident : $t:tt $($r:tt)*) => {
        let $var = read_value!($iter, $t);
        input_inner!{$iter $($r)*}
    };

    // mutキーワードがあるときにマッチする
    ($iter:expr, mut $var:ident : $t:tt $($r:tt)*) => {
        let mut $var = read_value!($iter, $t);
        input_inner!{$iter $($r)*}
    };
}

これで以下のようなコードも可能になりました.

fn main() {
    input!{
        n: usize,
        mut a: [usize; n],
    }

    a.sort(); // Errorにならない!!!!

    println!("{:?}", a);
}

不具合は多分ないと思います.

以下,マクロ全体です.

macro_rules! input {
    (source = $s:expr, $($r:tt)*) => {
        let mut iter = $s.split_whitespace();
        input_inner!{iter, $($r)*}
    };
    ($($r:tt)*) => {
        let mut s = {
            use std::io::Read;
            let mut s = String::new();
            std::io::stdin().read_to_string(&mut s).unwrap();
            s
        };
        let mut iter = s.split_whitespace();
        input_inner!{iter, $($r)*}
    };
}

macro_rules! input_inner {
    ($iter:expr) => {};
    ($iter:expr, ) => {};

    ($iter:expr, $var:ident : $t:tt $($r:tt)*) => {
        let $var = read_value!($iter, $t);
        input_inner!{$iter $($r)*}
    };

    ($iter:expr, mut $var:ident : $t:tt $($r:tt)*) => {
        let mut $var = read_value!($iter, $t);
        input_inner!{$iter $($r)*}
    };
}

macro_rules! read_value {
    ($iter:expr, ( $($t:tt),* )) => {
        ( $(read_value!($iter, $t)),* )
    };

    ($iter:expr, [ $t:tt ; $len:expr ]) => {
        (0..$len).map(|_| read_value!($iter, $t)).collect::<Vec<_>>()
    };

    ($iter:expr, chars) => {
        read_value!($iter, String).chars().collect::<Vec<char>>()
    };

    ($iter:expr, usize1) => {
        read_value!($iter, usize) - 1
    };

    ($iter:expr, $t:ty) => {
        $iter.next().unwrap().parse::<$t>().expect("Parse error")
    };
}

読めば読むほどこんなの自分には思いつかないですねと感じさせる非常によくできたマクロです.何を食べたらこんなマクロを書けるんでしょうか.